ゲームプランナーの技術ブログbyIT社員の公私混同

ゲームプランナー/企画職である管理人が、仕事する上で考えたことや習得したことを書くブログです。

ゲームプランナーの技術ブログ:FF15がSwichに移植されない理由

jp.ign.com

 

 

やはり、一般のユーザーとしてはFF15がSwichで遊べてほしいから、こういうことが話題になるんだろうなー。

技術的な問題は多く、なかなか難しい。というのも、複数のハードにゲームをリリースする、いわゆる移植というものがそもそもしんどいからだ。

 

FF15をSwichに移植することの難しさを通じて、移植の難しさをあらためて考えてみたい。

 

※注:Swichをネガキャンをするつもりは毛頭ないです。

 

■移植の難しさ1:ハードの仕様の壁

物理的な制約が兎にも角にもついてくる。

例えば、スイッチの内部ストレージ、つまりゲーム機内に保存できるゲームのデータは32Gバイトだが、FF15のゲーム容量は40Gギガを超える。

今後も、FF15はアップデートし色々なコンテンツを追加するであろうから、もっと増えてくる。

 

そう考えると、FF15は相当な開発費を投じているので、追加コンテンツの販売で利益を上げる必要があり、そのため追加コンテンツを入れるためのストレージは確保しておきたい。

 

だが、それだけではない。ゲーム機ごとのメモリやCPUの性能の差の違いがさらなる難しさを生む。

 

それらが異なってしまうと、ゲームを動かすプログラミングを変更しなければならない。

■移植の難しさ2:プログラミング的な壁:

テレビゲームや携帯ゲームといったデジタルゲームは全てプログラムで動いている。

何をどう表示するか、敵をどのように動かすのか、プレイヤーの入力に対して、どのようなアクションを取るのかと言ったことは、全てプログラミングで制御されている。

 

ハードが異なってしまうと、これらを変更しなければならない。

jp.automaton.am

上記は、wii→PCというスペックが上のハードへの移植の例だが、それでもwiiのハードの特性に合わせたプログラムになっていたため、カクつきが発生していたという。

 

■移植の難しさ3:開発環境の違い 

ハードが異なっていても、開発に使用しているゲームエンジンが、移植先のハードでの動作を最適化してくれれば、上記の様な問題は解決できる。 

まあ、それでも、実際に動かして、デバッグし倒さないと安心してリリースできないのだが。

 

ゲームエンジンについては別のブログにて解説しています。

sonykichi.blog.jp

だが、FF15の開発に使われているルミナスエンジンは、PS4/XoboxONEとPC向けに開発されたゲームエンジンなので、Swichはまだ対応していない可能性が高い。

 

ちなみに、アンリアルエンジン4は、Swichを公式にサポートしているので、同エンジンで開発されているFF7のリメイクは、まだ可能性がありそうだ。

 

■移植の難しさ4:そもそも売れるのか?

Swichを買うような任天堂のゲームのファンは、FF15が欲しいのだろうか?

ゼルダで満足しちゃうじゃないかと思ってしまう。

 

無理にSwichに対応しなくとも、既にかなり売れていて、次々と出るDLCを買ってくれるユーザーがいるから、いいじゃないかと経営陣は考えてしまうのではないだろうか。

 

お金を出す人たちを納得させるハードルが高いのも多くのハードルの一つだ。

 

■余談:コーエーテクモと日本一ソフトの底力

 

 

 

魔界戦記ディスガイア5

魔界戦記ディスガイア5

 

 

そう考えると、コーエーテクモも日本一も、ロンチでPS4で出したゲームを移植させるのだからホントに凄い。

 

今日のところは以上です。