ゲームプランナーの技術ブログ

ゲームプランナーである管理人が、仕事する上で考えたことや習得したことを書くブログです。

オープンワールドで移動を制限する方法

オープンワールドとは言っても、ある程度は移動の自由を制限する必要がある。
例えば、以下のような問題がある。
 
初期のステータスで、強い敵がいるエリアに行き、即死なんてことになると、
プレイヤーにはけっこうなストレスになり、ゲームから離脱なんてことになりかねない。
 
そこで、オープンワールドで移動の自由をある程度制限する手法をみていく。

 

 

方法0:地形で縛る

ゲームの序盤に導入されることが多い手法である。
特定のアイテムを入手しなければ、あるエリアから脱出できないようにする。
 
例えば、FF15では、序盤、車が利用できないため、一部のエリアしか行き来することができない。
また、ゼルダBoWでは、パラセールを入手するまでは、同様に一部のエリア内でしか移動ができない。
 
ただ、この方法は、ゲームの序盤以外での実装は望ましくない。
自由に行き来している世界が突如閉じられるのは、なかなかのストレスである。

方法1:レベルの強い敵を配置する

序盤には、侵入してほしくないエリアに行くルートに強い敵を配置し、
プレイヤーキャラクターの進行を制限する。
 
 
ただこの方法は、敵に倒されるというストレスが大きい。
ウィッチャー3なんかは、エリアがごとに推奨レベルを表示し、こういった理不尽な戦闘にならない様に工夫している。

方法2:気候で縛る

ゼルダBoWでは、気候が存在し、暑いところや寒いところにいくと、HPが減少する。
これを避けるためには、装備やアイテムで対処する必要がある。
 
この仕様により、初期装備でどこまでもいくということが難しくなるため、ゲーム序盤の移動を制限することができる。

まとめ

オープンワールドは、そもそも、プレイヤーのゲームの進行に自由を与えるシステムなので、ある程度のあきらめは必要である。
 
もし、どうしてもプレイヤーの行動をできる限りコントロールしたいというなら、オープンワールドを採用しない方がよいだろう。